錦織圭、観月あこにブラックカード!完全に財布化し心配される寄生彼女の存在

今週発売の女性自身が、テニスの錦織圭選手が恋人である観月あこさんにブラックカードを渡しており、観月さんが贅沢三昧していると報じています。



贅沢三昧の観月あこ
女性自身によると、錦織さんが慶応大学日吉キャンパスで姉と慕う伊達公子さん相手に暑い中猛特訓し汗を流す中、観月さんは駐車場に停めた1100万円の高級車・ジャガーで涼んでいたとのこと。

この翌日の7月13日、観月さんは都内の高級ホテルに友人を招いていたそうですが、これも錦織さんの支払いで、スイートルームに2週間ほど宿泊していたそうです。女性自身によると、一泊20万円、ルームサービスも入れたら300万円はかかったであろうとのこと。

錦織さんは日中ほぼいないため、観月さんのための部屋だったんでしょうかね。

さらに散財は続きます。

[以下引用]
「5月末のジュネーブオープンに同行した際、観月さんは70万円ほどもするFENDIの高級バッグを購入していました。先日帰国した際も、4~5人の友人を引き連れて築地の高級すし店へ。会計は10万円を超えたそうですが、彼女が平然とブラックカードで精算したといいます。宿泊先は超高級ホテルですし、移動の飛行機はもちろんファーストクラス。これらもすべて錦織選手が用意してあげているようです」(前出・テニス関係者)
[女性自身]

ブラックカードとはクレジットカードにおける最上位の券種です。

一般的に限度額のないカードと認識されていますが、実際には個人ごとに限度額は存在するものの、カード会社の招待がないと申し込みできないということである種金持ちのステイタスです。

観月さんは一応モデルですが、もともと人気があったわけではないですし、錦織さんと交際を始めてからはほとんど仕事をしていないということで、自分の財力でブラックカードが持てたとは考えられません。

となると錦織さんの家族カードということですが、カード会社によっては法律上の夫婦でなくとも家族カードが発行できるとのこと。

錦織さんが稼いだお金をどう使おうと勝手なのですが、虚しくならないのでしょうか。

82959ab16679bcb71368db7a991e141d.jpg


錦織さんの収入源は一つではありませんし、錦織さんのように世界を転々としている場合また違うかもしれませんが、通常所得税は40%、住民税が10%、その他もろもろありますから手元に残るのは半分くらいになると言われています。

半分になっても多くのスポンサーがいて高収入であることには違いありませんが、錦織さんは今年2回ラケットを故意に破壊しています。

錦織さんはラケットメーカーのウィルソン社と生涯スポンサー契約を結んでおり、スポンサー料は年間2億5千万円で、通常のスポンサー契約では、故意に破壊した場合契約料10%相当の違約金を支払うという項目があるそうなので、それだけで5000万円の罰金を支払うことになります。

支払う罰金以上にダメージとなるのが、イメージダウンです。

錦織さんの場合、これまで品行方正なイメージが強かったため、半年ほどの間に2度のラケット破壊というのは印象変わりますよね。

加えて、彼女の飲食代にファーストクラスでの移動、高級ホテルの宿泊費、バッグやなにやらかかり、そういった報道がされるたび彼女に振り回されているイメージが…。

つまり、今の稼ぎがいつまでも続くかはわからないという話です。

まあでも、お金がなくなったとしても観月さんはいなくなったりしないんでしょうし、錦織さんが困ることがあれば、今度は観月さんが稼いでくれるかもしれませんし。

観月さんは占い師のアドバイスに従って一緒にいて、今年中の結婚を目指しているそうですが、もし結婚したとしても祝福の声はあがるのでしょうか。



[PR]
by geinouyabascoop | 2017-07-27 00:32 | 話題のニュース | Comments(0)